土地を購入する際に確認してほしい3つのポイント

土地を購入する際に確認してほしい3つのポイント

住宅

エリアを決めて土地を買う

一戸建てを建築したいと思っている場合、家を建てるための土地が必要になります。土地を探しているのなら、まずは住みたいエリアから決めていきましょう。利便性や住みやすさを意識してエリアを決めていくと良いですよ。また、久留米にある不動産会社や施工会社は土地を取り扱っているところもあるので要チェックです。

つみき

土地の安全性を調べる

どんなに丈夫な一戸建てを建設しても、土台となる土地が軟弱地盤だとあまり意味が無いと言えます。そのため、土地を買って一戸建てを建てたい場合は、土地の安全性もチェックしていきましょう。しっかりと土地を確認するためにも、地盤調査や地盤改良などをしていくことです。

インテリア

住宅が建てられる土地か

土地の安全性も大事ですが、それと同じくその土地が住宅を建てても問題ないかという点も確認する必要があります。実は、住宅を建てられる土地、建てられない土地に分かれているのです。住宅を建てることが出来る土地は、主に市街化区域となっているので確認していきましょう。

知っておこう!市街化区域と市街化調整区域の違いについて

市街化区域

既に市街化となっている区域を指しています。その他にも大体10年以内を目途に市街化を計画的に進めている地域という意味もあります。上記でも掲載されていますが、市街化区域だと購入した土地に住宅を建てられます。

市街化調整区域

一方で市街化調整区域とは漁業や農業などをしている人達が暮らしている地域となっています。安心して漁業や農業をするために必要とする建物以外は建てるのを回避しています。この区域の土地はあまり市街化をしていかないのが特徴です。

広告募集中